SEARCH
お問い合わせ
よくあるご質問/お問い合わせお問い合わせ前にご覧ください。
サポート製品に関するサポート情報はこちら
カタログ
ダウンロードカタログやチラシのPDFをご覧頂けます。

ベッセル
総合カタログ

製品サポート情報SUPPORT

 

環境

RoHS

欧州RoHS指令とは、2006年7月に欧州連合が施行した有害物質規制のことです。Restriction of the Use of Certain Hazardous Substances in Electrical and Electronic Equipmentの略で,電気電子機器への特定有害物質の使用・含有を制限しています。
通称RoHS2(2011/65/EU)と呼ばれる規制対象は以下の6物質でした。
●Pb(鉛) 0.1wt%(1,000ppm)
●Cd(カドミウム) 0.01wt%(100ppm)
●Cr6+(6価クロム) 0.1wt%(1,000ppm)
●Hg(水銀) 0.1wt%(1,000ppm)
●PBB(ポリブロモビフェニル) 0.1wt%(1,000ppm)
●PBDE(ポリブロモジフェニルエーテル) 0.1wt%(1,000ppm)

その後、2015年6月に2011/65/EUのAnnexⅡを置き換える(EU) 2015/863が公布となり、4物質が追加され規制される物質は合計10物質になりました。
●DEHP(フタル酸ジ-2-エチルヘキシル)  0.1wt%(1,000ppm)
●BBP(フタル酸ブチルベンジル)  0.1wt%(1,000ppm)
●DBP(フタル酸ジ-n-ブチル)  0.1wt%(1,000ppm)
●DIBP(フタル酸ジイソブチル)  0.1wt%(1,000ppm)

安全

CE

CEマーキングとは、EU加盟各国の市場監督のためのマークであり、このマークをつけることにより製品が該当指令に適合していることを宣言し、EU市場圏内での自由な流通が認められることになります。

低電圧指令について:低電圧指令では適切な表示がされているか、製品に危険(外部からの危険および製品が外部に与える危険)に対する保護が施されているかどうかが求められています。表示の強度、稼働時の発熱、躯体の物理的強度等の評価をおこなっています。

EMC 指令について:EMC指令では製品から発生する最大の電磁波妨害がラジオ、テレビや無線機器、電灯および蛍光ランプの使用を妨げないレベルであることが求められています。製品自体が放射する妨害波の大きさをみるエミッション試験と、外部からの妨害波による耐性をみるイミニュニティ試験を実施し判定をおこなっています。

MSDS

MSDS(化学物質安全データシート)とは化学物質や化学物質が含まれる原材料などを安全に取り扱うために必要な情報を記載したものです。Material Safety Data Sheetの略であり日本工業規格(JIS Z 7250)で標準化されている記載内容(2005 年 12月 改訂版)は次のとおりです。

●化学物質等及び会社情報
●危険有害性の要約
●組成、成分情報
●応急措置
●火災時の措置
●漏出時の措置
●取扱い及び保管上の注意
●暴露防止及び人に対する保護措置
●物理的及び化学的性質
●安定性及び反応性
●有害性情報
●環境影響情報
●廃棄上の注意
●輸送上の注意
●適用法令

PSE

PSE(電気用品安全法)とは、電化製品の安全に関わる技術基準を定めた法律で、電気用品の製造、輸入、販売等を規制するとともに、電気用品の安全性の確保につき民間事業者の自主的な活動を促進することにより、電気用品による危険及び障害の発生を防止することを目的としています。2006年4月からはPSEマークの表示していない製品(一部中古品は除く)の販売はできなくなりました。
ベッセルでは、PSE(電気用品安全法)の対象であるSDJ-05R、SDJ-14、IPC-20、IPC-40について、出荷時に通電検査、絶縁耐力試験、絶縁抵抗試験を全数に対しておこなっております。

pagetop